Webマーケティング

インターネットで集客したいなら覚えておくべき7つのバリエーション

バリエーション

    ブロガーB君
    いやー、インターネットでの集客って知れば知るほど面白いですね!サニーさん!
    デザイナーサニー
    お!B君、インターネット集客の面白みがわかってきたみたいだね!
    ブロガーB君
    そうなんですよ!でも、まだまだ僕の知らないWeb集客方法ってたくさんあるんだろうなって思っています。サニーさん、いろいろ教えてくださいよ〜。このこのー!
    デザイナーサニー
    そうだね!インターネット集客と言っても色々な種類の集客方法があるからね!じゃあ、今回はその辺りのことを掘り下げてみようか!いくよ!
    ブロガーB君
    いけ!サニー号!

    Web集客を最大化させるために知っておくべき項目

    インターネットの世界には、様々な成功事例が飛び交っています。

    ・検索エンジンからの流入で問い合わせが激増した!
    ・最近はFacebookでの集客が反応いいらしいよ!
    ・楽天に出店した人の年商が1000万を超えたみたいだよ!

    などなど、インターネットの集客に興味がある人なら気になる話だと思います。これらの噂話は本当なのでしょうか?確かに、インターネットを使ったビジネスでの成功事例はたくさんあります。ただ、その集客方法には向き不向きもありますし、何個かの集客手段を掛け合わせてうまくいくというパターンもあります。

    ご存知だとは思いますが、Web集客の方法は一つではないのです。では、どんな集客方法があるのかこれから詳しく解説していきたいと思います。

    主だったWeb集客の手段

     集客力販売力実践のしやすさおすすめ度
    SEO★★★★★★★★★★★★★★★★★
    リスティング(PPC)★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    バナー広告★★★★★
    ブログ運営★★★★★★★★★★★★★★
    ソーシャルメディア★★★★★★★★★★★★★
    メールマガジン★★★★★★★★★★★★★★
    ショッピングモール★★★★★★★★★★★★★

    僕の感覚的には、このような分類かなと思います。では、一つずつ掘り下げていきましょう。

    SEOでの集客について

    ・集客力=★★★★★
    ・販売力=★★★★
    ・実践のしやすさ=★★★
    ・おすすめ度=★★★★★

    Web集客で一番メジャーな方法が「SEO」つまり、検索エンジンから集客する方法です。狙ったキーワードで上位表示さえすることができれば、そこに人が集まることが認知されているので、多くの人が取り組んでいる手法ではないでしょうか。

    そのせいもあり、SEO業者やそれをサポートする業者の数もどんどん増えているので、それだけ需要のあるジャンルと言えます。実例でも、「◯◯+◯◯」というキーワードで上位表示に成功して売り上げが一気に増えた!という話も色々なところで聞けると思います。

    ただ、売り上げに繋がるであろう「有効なキーワード」は上位表示させるには難易度も高く、一般の人でも狙える「競合していないキーワード」では、大きな売り上げには繋がらないという現状もあります。もちろん、例外はありますが、割と競争率の激しい市場となります。

    ですが、SEOがおすすめかどうかに関わらず、インターネットで集客をしていきたいと考える人なら必ず取り組んでいかないといけないのがSEOです。ここを手抜きするとすべての集客力が下がってしまうからです。それほど、検索エンジンからの集客の影響力は強いです。

    問題点としては、Googleのアルゴリズムの変動です。これは、誰にも予測ができませんし、自分でやるにしてもSEO業者に依頼するにしてもコスト感覚がわかりにくい部分です。だからSEO業者というものがなくならないのだと思います。

    リスティング(PPC)広告での集客について

    ・集客力=★★★★★
    ・販売力=★★★★★
    ・実践のしやすさ=★★★
    ・おすすめ度=★★★★★

    リスティング広告というものを簡単に説明すると「アクセスを買う」とか、「上位表示を買う」と言えばわかりやすいと思います。リスティング広告の最大の強みは何と言っても「安定性」と「費用対効果の明確さ」です。

    「検索エンジンでの上位表示」という観点でみると、SEOと同じですがSEOよりもコストが明確であるし、Googleのアルゴリズムに左右されない点からも売り上げを安定させることができる手段です。さらに、SEOでは取得できないような情報も得ることができるのでメリットも大きいです。Webで売れている企業は大抵このリスティング広告を利用していることからも費用対効果の良さが判断できると思います。

    問題点としては、クリックされると課金されるので、広告を出したページの成約率が低かったり、キーワードなどのリサーチが甘いと赤字を出してしまう可能性もあるということです。また、その注目度から年々クリック単価が上昇しているところも問題です。

    バナー広告での集客について

    ・集客力=★★★
    ・販売力=★★
    ・実践のしやすさ=★
    ・おすすめ度=★

    今となってはバナー広告の効果は以前に比べると低くなりました。インターネットが普及し始めた頃は主流の集客方法でしたが、現在では出稿してみないと効果がわからない上に、数十万単位でコストがかかります。あまりおすすめではない集客方法だと思います。

    バナーを設置するサイトなども自分で探していかなければならないので、非常に手間がかかるやり方だと思います。バナーを設置するサイトが、自分の売りたい商品やサービスと合致していればそれなりの効果は見込めますが、自社メディアを持つことが主流になってきた現代ではよそのサイトに広告を出すよりも自分でサイトを運営して集客した方がコストもかかりませんのでおすすめです。

    ブログでの集客について

    ・集客力=★★★★
    ・販売力=★★★
    ・実践のしやすさ=★★★
    ・おすすめ度=★★★★

    ブログを運営すると、良質な記事を書いていけば検索エンジンにも上位表示されるのでアクセスを伸ばしやすいです。また、コメントやトラックバックなどでリンクを集めることも可能です。いい記事を書けば相互リンクをしてもらいやすいので集客におすすめな手段です。

    ブログを長期運用していけばドメインも強くなりますので、ECサイトやコーポレートサイトにリンクさせれば、そのサイト自体も強化されますので検索エンジン対策としてはうってつけです。

    問題点としては、ブログの継続が難しいということです。最初は「ブログを毎日書こう」と思っていても良質な記事が書けなかったり、ついついサボってしまいがちなのが現状です。ブログを書けば集客できることはわかっていてもモチベーションが保てないというのは問題です。

    また、ブログに読者が集まったとしてもそこからキャッシュポイントに結びつけるのも初心者には難しいことかもしれません。慣れてくると自然と誘導できますが最初は「売り込み感」が出てしまい読者に嫌われてしまうということもあります。

    ただ、ブログの効果は非常に高いのでブログ運営を始める際に「なんの目的で」「どのくらいのペースで」ブログを更新するかを明確にしておき、目標設定を定めておくのがおすすめです。

    ソーシャルメディアでの集客について

    ・集客力=★★★★
    ・販売力=★★
    ・実践のしやすさ=★★★★
    ・おすすめ度=★★★

    FacebookやTwitterなどの普及で「時代はソーシャルメディアへ」と言われています。ただ、上手く活用すればビジネスとして成立しますが、そこにノウハウを流し込まないと素人ではなかなか扱えないのも確かだと思います。よく、Facebookで稼ごう!のような書籍も目にしますが、現実にFacebookで成果を上げている企業というのはまだまだ少ないと思います。(一部では利益を出していると思います)

    一見、FacebookなどのSNSも取り入れているように見えますが、その大部分は未だにSEOやリスティングに依存している部分が多いのではないでしょうか。また、ソーシャルメディアは見込み客と距離を縮めるには有効なツールですが、露骨な売り込みを続けるとすぐに嫌われてしまうので注意が必要です。

    なので、集客にはソーシャルメディアを使い、売り込みは公式サイトで行うというように、役割を明確化して利用するのがおすすめです。料金がかならないので手軽に取り組めるのもおすすめポイントとなります。ただ、お金が掛かっていないことは継続しにくい傾向にあるので、これも目標設定を明確にしておきましょう。

    ただ、Facebookも上手く活用すればビジネスに活かせます。詳しくはFacebookページでビジネスアカウントを持つ4つのメリットを読んでみてください。

    メールマガジンでの集客について

    ・集客力=★
    ・販売力=★★★★★
    ・実践のしやすさ=★★★★
    ・おすすめ度=★★★★★

    一部の情報発信者が「メルマガはもう終わった」などと言っているのを見かけますが、これは大きな間違いです。確かに有料メルマガなどのやり方は少し陰りが見えますが、メルマガを発行すれば売り上げを最大化することが可能です。

    メルマガはそれ単体では集客することはできませんが、そもそもの目的は「お客様を連れてくる」ことではありません。一度でも商品を購入してくれた方にメールマガジンを配信することで「リピート」してもらうことが目的です。これが最大の武器となります。

    事実、利益を伸ばしている企業やECサイトは必ずと言っていいほどメールマガジンに力を注いでいます。メルマガを読んでくれているのは、すでにその商品やサービスに興味がある人、もしくは購入してくれている人です。なので、非常に濃いリストとなります。

    ですが、興味を持ってくれているといっても、何かのきっかけがなければなかなかその商品やサービスを購入するに至りません。そのきっかけとなるのがメールマガジンです。メールマガジンを流さなければいずれ、そのサイトのことは忘れられてしまうかもしれませんが、メルマガを配信することでまた興味を引くことができます。

    リピーターを獲得するのに最適な集客手段がメールマガジンだと思います。ただ、問題点としては、メールマガジンで流す内容をきちんと考えなければならないということです。毎回売り込みをしてもいけませんし、読者が興味を持ちそうな内容でないとすぐに解除されてしまいます。メルマガの内容一つで売り上げが変わるものなのです。

    番外編

    インターネットを利用した集客の他には、「テレビ広告(CM)」「新聞広告」「雑誌広告」「電車広告」などがあると思います。しかし、毎年シェアを伸ばしているのは「インターネット広告」だけです。特に、紙媒体での集客は完全に落ち目だと言えると思います。

    なので、わざわざシェアが落ち続けている広告を利用するのはナンセンスです。昔は、ホームページを作ったことを紙媒体で宣伝するやり方が通用していましたが、今では検索エンジンで上位表示させた方が圧倒的に効果が高くなっています。

    ただ、テレビ広告(CM)が重要な場合もあります。最近では「モンスト」などのゲームのCMがよく流れていますが、やはり集客の面で人数を最大化させようと思うとテレビの効果というのは非常に高いです。Webマーケティングでは、ターゲットを絞り込み売り上げを伸ばすことができますが、市場を拡大させようと思うとマスメディアを活用していかなければなりません。テレビの効果はこれからも落ちないのではないでしょうか。

    ただ、一般の企業ではまだ、CMを流すということは必要ないと思いますので、しっかりとWeb集客に力を注いでいくことをおすすめします。

    大原則:SEOは必ずやること

    検索エンジンの精度の向上や、スマートフォンの爆発的な普及により、現在では何か商品やサービスの興味を持った際には必ずと言っていいほど検索エンジから情報を取得する時代へと変わりました。

    そして、Facebookやツイッターなどの利用者が増えたと言っても、まだ個人のコミュニケーションツールというのが一般の人の認識です。そこから何かを買ったりというのはまだ敷居の高いものです。また、特定の情報をソーシャルメディアから取得するためにソーシャルメディアを使っているわけではありません。

    ソーシャルメディアが普及したからといってソーシャルメディアだけでビジネスを行うのは難しいと言えます。なので、必ずSEOでの集客を目指していきましょう。では、SEOでのポイントを理解していきましょう。

    やるからには必ず上位表示を目指す

    検索エンジンを使うユーザーの7割は検索エンジンに表示される2ページ目までしか情報をみないというデータがあります。なので、最低でも10位以内での表示を目指さなけば発信した情報が読者の元へ届かないと考えましょう。

    競合していないキーワードでも対策をする

    SEOでは、競合している「ビッグキーワード」で上位表示を狙いがちですが、それにこだわるのは良くありません。ビッグキーワードで上位表示を狙うには労力もコストもかかります。また、競合キーワードはライバルが多いので常に気を張っていないといけない状態にもなりかねません。

    アルゴリズムのことも考えると「特定のキーワードだけの上位表示に依存するのは危険」と言えます。ライバルが多いキーワードには参入者も多いですので、それまで上位に表示していたサイトが突然順位を大幅に下げることもあります。そうなるとアクセスも激減して売り上げを落とすことになります。

    むしろ、たくさんのページを作成してライバルの少ない「スモールキーワード」で広く、薄く集客していくのがおすすめです。一つのページのアクセスは少なくてもページ数を増やすことで多くのアクセスを取るというやり方です。いわゆるロングテールSEOと呼ばれるものです。これについては、ロングテールSEO対策のやり方と効果を理解するでも解説しています。

    競合してないキーワードで上位表示させることができれば、順位も安定しますし、様々なスモールキーワードで上位表示しておけば、一つのキーワードの順位が下がったとしても売り上げにそこまで響くことはありません。

    キーワード選定については、ブログ運営ではキーワード選定が一番大事!効果的なSEOキーワードとは?を参考にしてみてください。

    競合キーワードで勝負する場合は労力とお金がかかる

    SEOは基本的にお金がかからない集客方法ですが、実はそうでもありません。競合キーワードで上位表示を目指す場合には、SEO業者にSEO対策を依頼したり外注を使い記事を書いてもらうなど経費がかかります。

    ライバルがお金をかけて上位表示させている市場に片手間で勝負を挑むのは無謀と言えます。競合キーワードでどうしても上位表示させたい場合はそれなりの経費がかかると思い、割り切っていきましょう。

    売れるキーワードはリスティング(PPC)で探す

    SEOで売り上げを最大化させるには、「売れるキーワード」をいかに見つけられるかが重要になります。また、ユーザーは考えられないようなキーワードでアクセスしてきたりもします。あなたが「これは売れるキーワードだ」と思い込んでいたとしてもまったく見当違いというパターンも実は多いです。

    そこで、リスティング広告を利用して「売れるキーワード」を調査するのがおすすめです。多少の費用はかかりますが実はそれが一番近道となるのです。

    まとめ

    デザイナーサニー
    いかがでしたか?一口にインターネット集客と言っても戦略は様々あるよね!そして、それらを効果的に組み合わせることで売り上げを最大化することができるよ!ブログだけとか、ソーシャルメディアだけとか偏ったやり方ではなく、商品やサービスとの相性も考えて戦略的に取り入れていくのがおすすめだよ!

      ブログを差別化するアバターサービス

      avaimage

      あなたは自分のブログのアバターに不満はありませんか?Avamoveでは、あなたのブログを差別化する為のアバター作成を請け負います。顔出しできないけどブランディングアップしたい場合はアバターを作り、キャラクターを立てることが大切です。


      世界に一つだけのあなただけのキャラクターを作成して他のブロガーとの差別化にご利用ください^^


      Avamoveはあなたのアフィリエイト活動を応援しています!


      アバター制作の詳細はこちら

      コメント

      1. アリエ@商いネット物語 より:

        サニーさん
        こんにちはアリエです

        集客って皆さん苦労していますね、私も含めてです。
        最近は、seoからsns、youtubeへと
        変わって来ている様な気がすのは私だけでしょうか?

        集客の方法を沢山、わかりやすく書いて頂いたので
        とても、参考になりました。

        応援して帰ります。
        よかったら、また私のブログにも遊びに来て下さいね(^^♪

        1. Avamove より:

          アリエさん、コメントありがとうございます^^SEOからSNSやYouTubeに変わってきているというよりも組み合わせが大事だと僕は思っています。ベースはやっぱりSEOからですよね^^集客はマーケティングをしっかりと行えば実はそんなに難しくないので、基礎を固めてコツコツやっていけば結果はついてくると思いますよ^^

      2. 坂本 徹 より:

        坂本 徹といいます。

        集客って難しいですね。
        やっぱりソーシャルブックマークが
        いいようですね。
        これからやっていきます。
        参考にします。

        更新まってま~す。

        応援ポチしておきますね~

      コメントを残す

      *