SEO対策

ロングテールSEO対策のやり方と効果を理解する

ロングテールSEO対策

    ブロガーB君
    センス抜群のデザイナーであり、スーパーアフィリエイターでもあるサニーさんに質問です!ロングテールSEOってなんですか?
    デザイナーサニー
    なんだいB君、僕を持ち上げても何もでないよ!でも、いい質問だから今回のテーマとして取り上げてあげるね!
    ブロガーB君
    しめしめ。。。サニーさんはバカだからすぐにいい情報をくれるから扱いやすいぜ!!
    デザイナーサニー
    B君、、、心の声が丸聞こえだよ。。。まあ、いいや。ロングテールSEOは効果絶大だから覚えておいて損はないからね!
    ブロガーB君
    よし! 頼んだぜ!!バカサニー!

    ロングテールってなんだろう?

    ロングテールというのは、直訳すると「長い尻尾」という意味です。これはマーケティング用語として使われています。例えば、商品がA〜Hまであるとします。商品Aはその店舗で一番の人気商品で、B、C、Dと順番に人気がない商品であると仮定し、商品Hは一番売り上げにならない商品だとします。

    実店舗の場合は、売れない商品の取り扱いは経費の削減とスペースの確保となるので、基本的に商品Aや他の売れ筋商品に力を入れることが多いのですが、ネットビジネスの場合は、ネット上に商品を無限に置くことができますので、売れない商品でも掲載しておくことができます。

    tail

    このような戦略を取ることで、実店舗に置けなくなった商品をネットで販売すれば地域では売れない商品も、ネットでは売れるかもしれませんよね。こうゆう販売戦略のことをロングテールと呼びます。

    このことを理解するとロングテールSEOの概念がわかりやすくなると思います。アフィリエイト初心者の場合、一つか二つのキーワードに絞ってブログを構築することが多いと思います。これはこれで一つの戦略として有効なのですが、量産手法ですのでたくさんのブログを立ち上げる必要があります。

    その点、ロングテールSEOで集客する場合は、一つのサイトで様々なキーワードを扱います。その際には、あまり検索数の多くないキーワードを狙います。こうすることでSEOの難易度が下がります。つまり、検索数は少ないけれどたくさんの記事を上位表示することができるのがロングテールSEOの最大のメリットとなります

    longtell

    上の図を見ると、検索数の多い「キーワードA」を初心者は狙いがちですが、検索数の多いキーワードはライバルも強いですので初心者ではなかなか太刀打ちできません。ですが、「キーワードH」ならライバルも弱いので初心者でも簡単に上位表示することができます。

    この「キーワードH」のようなキーワードでたくさんの記事を書けば、一つのキーワードの1日の訪問数が10アクセスだとしてもそれを100記事にすれば1日のサイト全体のアクセス数は1000アクセスとなります。

    例えば、あなたがダイエット関連のサイトを運営していたとします。その際にこのようなキーワードを扱うとします。

    ・ダイエット方法(A)
    ・簡単なダイエット(B)
    ・簡単にできるダイエットの方法とは?(C)
    ・誰でもできるダイエット 方法(D)
    ・ダイエット 方法 サプリ 運動なし(E)

    このようなキーワードを使う場合、Aが一番検索数が多く稼げそうなキーワードです。Eは検索数は少ないけど上位表示させやすいキーワードになりますよね。

    ここで、キーワードEのようなニッチで検索数の少ないキーワードを記事にして、その記事ごとに上位表示をさせるのがロングテールSEOの基本となります。ここで、欲を出して検索数の多いキーワードばかりで上位表示を狙うと失敗する可能性が高いので注意しましょう。あくまでニッチなキーワードを狙うというところがポイントです。

    ニッチなキーワードで本当に集客できるのか、という不安はあると思いますが、キーワード選定能力を高めることでそれもクリアできます。

    ロングテールSEO対策のメリット

    では、ロングテールSEOのメリットについて説明していきます。ロングテールSEO対策には大きく分けて2つのメリットがあります。

    リスクを回避できる

    基本的なやり方でやるSEO対策の場合、一つや二つのキーワードで上位表示を狙うことになるので、もし、そのサイトがGoogleのアルゴリズム変更などがあった時に順位を下げてしまうと売り上げダウンに直結します。

    しかし、そのキーワードに加えてロングテールキーワードでも集客をしておけば、あるキーワードが上位表示されなくなったとしても、他のキーワードが集客をしてくれるので大打撃にはなりません。そのサイト自体が圏外に飛ばされるようなペナルティを受けない限り、ロングテールSEO対策をしておけばリスクを回避しながらサイト運営ができるのです。

    初心者でも上位表示させやすい

    ロングテールSEO対策は、長文や会話型のキーワード(ニッチキーワード)で上位表示をさせる戦略ですので、かなり上位表示させるのが簡単です。通常のキーワードであれば、内的SEOに加えて被リンク対策もしっかり行わなければ上位表示させるのは困難ですが、ロングテールキーワードの場合は、コンテンツだけしっかりと充実させておけば被リンクがなくても上位表示させることも可能です。その際は内部SEO対策だけはしっかりとしておきましょう。

    ロングテールSEO対策のやり方

    ここまで読んでロングテールSEO対策が難しいと思った方もいるかもしれませんが、ロングテールSEO対策はそんなに複雑なものではなく、ポイントさえ押さえておけば誰でも実行できるものです。基本的には各記事(下層ページ)に対して簡単なSEOを施すだけですのでぜひ挑戦してみてほしいです。

    kouz

    まずは、トップページに配置するキーワードを決めましょう。例えば、ダイエットの方法を伝えるサイトを構築するなら当然、サイトタイトルには「ダイエット」というキーワードを入れます。次にカテゴリーを決めていきます。ここにミドルキーワードを決めていくとサイト全体の構図もわかりやすくなります。ここのキーワード選定には入念なリサーチを重ねることをおすすめします。

    ここまでできたらあとは記事ページからコンテンツを充実させていきます。一つ一つのキーワードが弱いからといって記事コンテンツがしょぼくなるとサイトの評価は上がらないのですべてのコンテンツに熱意を込めて作成するのがポイントです。

    間違っても商品の概要だけ書いたページを量産しないように気をつけましょう。そして、一記事一コンテンツを守って構築していくことも覚えておきましょう。一つの記事にたくさんのキーワードを詰め込んでもいけませんし、同じキーワードで複数記事を書いてもGoogleの評価は上がりません。コンテンツの作り方には様々ありますが、どうすればいいかわからない方はまず、物販アフィリエイトは記事の書き方を工夫するだけでも成約率が上がる?こちらを読んでみて実践してみてください。

    また、ブログに書くネタがない場合は、ブログのネタに困ってる人必見!これをやればネタができる9つの方法も併せて読んでみてください。

    一つのキーワードで一記事をしっかりと書くことがロングテールSEOの基本となります。

    ロングテールSEO対策の本質は、「良質なコンテンツを構築し続ける」ことになります。アクセスが少ないキーワードでも、そこでユーザーにとって価値の高いコンテンツを提供することでサイトボリュームが大きくなるにつれて絶大な効果を発揮するようになります。

    これに近道はありませんので、地道にコツコツと読者のためになるコンテンツを作成していきましょう。

    キーワード選定については、ブログ運営ではキーワード選定が一番大事!効果的なSEOキーワードとは?でも解説していますので参考にしてみてください。

    まとめ

    デザイナーサニー
    いかがでしたか?昔の検索エンジンと違い、今のSEOでは、有益な情報を発信していないサイトは価値がないとみなされ上位表示は難しいよ!結果を出すためにはとにかく、「ユーザーに価値を提供することがとても大切だということを忘れないようにしよう!今回のまとめはこんな感じ!
    ブロガーB君
    ロングテールSEO対策は難しくなくて売り上げを上げる効果がある!
    ブロガーB君
    ニッチなキーワードは需要があり、成約率も高い!
    ブロガーB君
    ロングテールSEOとトップページのSEOでサイトの価値が上がる!

      ブログを差別化するアバターサービス

      avaimage

      あなたは自分のブログのアバターに不満はありませんか?Avamoveでは、あなたのブログを差別化する為のアバター作成を請け負います。顔出しできないけどブランディングアップしたい場合はアバターを作り、キャラクターを立てることが大切です。


      世界に一つだけのあなただけのキャラクターを作成して他のブロガーとの差別化にご利用ください^^


      Avamoveはあなたのアフィリエイト活動を応援しています!


      アバター制作の詳細はこちら

      コメント

      1. ドクターH より:

        ロングテールキーワードやロングテールSEOに知りたかったので
        凄く参考になります。ちょくちょくお邪魔させていただきます

        Topへ向かって一方向へリンクするんですね

        このサイトは、とても勉強になります

      2. Avamove より:

        ドクターHさんコメントありがとうございます。ロングテールSEOは効果高いのでコツコツ実践してみてください。被リンクはトップページにも影響を与えるアンカーテキストでリンクすれば一石二鳥という感じですね^^

      コメントを残す

      *